About

米国スタンフォード大学Summer Session修了、ボストン大学大学院Communication学部卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。『25ans』等の編集者として7年勤めたのち退職し、フリーランスに。ビューティ エディター&ライターとして活動する傍ら、文藝春秋『クレア・トラベラー』編集部のコントリビューティング・エディター/ビューティ・ディレクターとして5年在籍、ラグジュアリー デスティネーションやスパ リトリート等の取材を数多く重ねる。2014年よりフランス在住。日本語・英語・仏語の3ヶ国語に通じており、ジャーナリストして著名人インタビューやパリ、フランスのニュース取材などを数多く手がける。また、ビューティ業界、トラベル業界に長く携わった経験を活かし、ビューティおよびトラベル コンサルタントとしても活動している。

Clients

〈Journal & Magazines〉

Bungeishunju:CREA、CREA Traveller Condenast Japan:VOGUE Japan、GQ、VOGUE Girl Fusosha:Numéro Tokyo Hankyu Communications:Figaro Japon Hearst Fujingaho:婦人画報、25ans、Richesse、ELLE Japon、Mens Club、Harper's BAZZAR Kobunsha:CLASSY., VERY., HERS  Kodansha:VoCE、FRaU、With、Mi-Mollet  Magazine House:BRUTUS、Kunel Nikkei BP:DAZZLE、Et Rouge Nikkei Inc.: 日本経済新聞  Righters:Them Magazine  Shueisha:SPUR、Marisol  Shufu to Seikatsu:私のカントリー etc,.

〈Book Editorials and Translation〉

『Chico式 一週間デトックス』、『「リセットジュース」を始めよう〜パリ美人のダイエット』(チコ シゲタ著/講談社刊)、『おいしいもの好きが集まる店の 全部、自家製』(野々下レイ著/講談社刊)

〈Companies〉

Amuse、Estée Lauder、HUBLOT、 Information & Inspiration、JETRO、La Prairie、LOEWE、Lumene、NARS、PIAS, Shiseido、SHIGETA、Wacom、etc.,

 

Born and raised in Tokyo, Mamiko Izutsu earned a master’s degree at school of communication, Boston University after receiving a certificate of graduate summer program at Stanford University in the USA. She started her career in the publishing company Fujingaho, which now is Hearst Fujingaho, and worked as an editor of “25ans” etc,. She then became freelance beauty journalist in 2004. Meanwhile she also worked as a beauty director for “CREA Traveller” magazine at Bungeishunju, Ltd. for 5 years and wrote up about many luxury destinations and spa retreats.  Being fluent in Japanese, English and French, she has interviewed many international celebrities and reports the latest news and informations about Paris and France to Japanese media. She also act as a beauty & travel consultant.